東京旅行をする中で下町的な空間を楽しみたいなら葛飾区へ!

東京都葛飾区の位置情報

葛飾区は東京23区の北東部に広がる特別区で、北部は埼玉県・東部は千葉県に面しています。東京都心エリアは近代化・西洋化が進んでいて、台東区の浅草・中央区の月島・荒川区あたりも少しずつ街並みが変わってきてしまっている状態です。一方、都心から離れた場所に位置する葛飾区に関しては今でも下町的な街並みが残り続けています。そのため、下町的な空間を求めて東京への旅行を計画する際は葛飾区を訪れてみるのもおすすめです。

葛飾区内のおすすめスポット

葛飾区は、昭和から平成にかけて長く少年漫画誌に連載された某漫画作品を通じて区名が全国的に知れ渡ったようなところがあります。JR常盤線の亀有駅北口そばに位置する亀有公園前には、作品に登場する派出所は実在しないものの主人公である警官の像があるためファンの間では人気です。それだけでなく、亀有駅の南口エリアにも主人公の銅像が複数存在するため、ファンの人は是非南口も訪れてみてください。

また、京成金町線の柴又駅東側には、柴又を舞台にした某人気日本映画に関連するスポットがたくさんある事で有名です。具体的には駅前に映画主人公の銅像がたっているほか寅さん記念館・柴又帝釈天といったスポットがあり、シニア世代の人達の間で大人気となっています。なお、駅から柴又帝釈天まで続く参道(帝釈天参道)には表参道・代官山などの西洋風な街並みとは対照的な純和風の商店街が広がっており、風情があります。

葛飾区内には銭湯がたくさん!

エリア全体に下町的な雰囲気がある葛飾区内には、今でも営業していて地元客や観光客で賑わう銭湯がたくさんあります。15時台から各銭湯が営業を始めますので、冬場に街を歩いていて体が冷えてきたら銭湯に入ってみるのも良いと思います。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です